働き方改革における残業規制改正のポイントや注意点

2020.06.22

働き方改革

現在、「働き方改革」が推奨されていますが、日本の労働者の中には、毎日残業を余儀なくされていたり、長時間労働があるがゆえに、きちんと休暇を取れていない方がたくさんいます。
事業者側は、少子化による人手不足を解消して、会社がより良く回るように力を注いでいく必要があります。
事業者がどのような対策を取っていくかが、これからの社会問題解決の別れ道でもあると言えるでしょう。
今回は、働き方改革における残業規制改正のポイントや注意点などを深く掘り下げていこうと思います。

残業(時間外労働)とは?

残業(時間外労働)とは「 決められた時間を超えて仕事をする 」ことを意味します。

基準としては、1日8時間もしくは週40時間を超えると残業になるのです。

しかし残業の規定について詳しい方は少なく、規定を超えて残業していたり、もし残業についての知識があったとしても上司や周りからの圧力に耐えきれず遅い時間まで会社にいる方が多いというのが現実です。

また、決められた時間を超えて労働した場合に会社側は、残業時間に見合った給料を支払うことが労働基準法では定められていますが、実際のところサービス残業をしている方は世の中に多く存在しています。

働き方改革法案における残業規制の改正点

残業の在り方について改めて考えたり見直したりすることが、現代社会には求められていますが、少子化による人手不足など様々な問題がある中で、労働者のことを最大限考慮した柔軟な解決策を見つけ出すのは非常に難しく、労働者と会社経営者にとって永遠のテーマになるとも言えます。

事業者は労働者の仕事量を把握した上で、どのようにしたら作業時間を減らせるか、労働者の負担を必要最低限軽減できるかを考える必要があります。

会社の在り方や仕事量に応じた作業方法を、事業者の方は1度見直してみてはどうでしょうか。

そして中小企業では労働者の働きすぎを防ぐために、2021年の4月から労働者に対する新たな規定が設けられることになりました。

規定の内容については以下の通りです。

・残業時間は原則月45時間または年360時間以内とする
・繁盛期などの特別な事情がある場合においても、月100時間未満、年720時間以内の労働

上記2つの規定が労働基準法に適用されることになりました。

さらには、この規定された時間を超えての労働を強いると罰金が課せられます。

残業規制改正による注意点

残業規制改正により残業時間が減ることで心身共に健康をとり戻す人が多くなるのは間違いありませんが、一方で、さらなる労働を強いられる人も出てくるのが現実です。

残業が規制されたとしても、現場での作業量や業務量が減るとは限らないからです。

事業者にとって業務量を減らすというのは会社の利益損失にも繋がるため、簡単に業務量は減らせません。

では、業務量は減らさず、どのようにして業務を効率良く進めればいいのでしょうか?

それは各企業の業務内容によって変わりますが、予想されることは、残業をしない分、家に持ち帰っての時間外労働、または休憩時間などを利用して業務を進めるといった事態になってくるのです。

つまり会社以外での労働が増えることにより、労働者にとっては精神的もしくは身体的に負担となり、かといって給料はこれまでとは変わらない額なので、労働者側からすると大変辛い状況になりうる可能性が十分にあります。

残業を減らすと会社の利益が失われる上に、労働者にとっても不利になることもあるため、事業者と労働者の相互が納得して働ける環境作りは、これからの社会において重大な課題と言えます。

中小企業が取るべき対策は?

中小企業の中には日常的に残業が習慣化しているところもあり、事業者は労働時間の管理方法構築を早急に進めていく必要があります。

例えば、オンラインでの勤怠管理システムなら、簡単に従業員の就業状況などを把握でき、労働時間の管理を効率化することもできます。

ちなみに「勤怠管理システム」とは、事業者が従業員の、

・時間外労働
・始業から終業までの時刻
・有給休暇取得の状況

などを効率的に記録またはチェックを行うことのできる便利ツールであります。

このように事業者は従業員の勤務体制を管理し整えて、長時間労働の原因を探して見つけ出し、会社がより良くなるために最善の対策を行う必要があるのです。

そしてさらに事業者は「労働管理の徹底」「労働生産性の向上」を目指して行かなければなりません。

つまり労働時間を最低限に抑えつつ、会社の利益を最大にする必要があるのです。

抑えておくべき対応方法と対応サービス

ここからは労働生産性の向上に役立ってくれるツールとサービスを紹介していきます。
仕事を格段に進めやすくしてくれるツールを利用しない手はありせん。

長時間労働の改善に役立つ。勤怠管理を楽にするツール

ジョブカン

勤怠管理やシフト管理が一元化できるサービス。変形労働・フレックスなどの勤務形態や、所属・雇用形態ごとに細かい設定、運用ができます。
シフト作成や、タイムカードの手作業での入力など面倒な作業を解決してくれます。

社内のやりとり・コミュニケーションに役立つツール

slack

プロジェクト毎に「チャンネル」を分けて会話を整理したり、過去の会話内容を検索することもできます。重要なメッセージはピン止めしておき、素早く見ることができる機能も使い勝手が良く、便利です。

社内外の会議が楽になるツール

Zoom

会議に招待された人は、招待用URLをクリックするだけで参加できるので、会員登録などをする必要がありません。

業務を助けてくれるクラウドワーカー

業務を助けてくれる人もツールの1つです。人員に余裕がない中小企業こそ、テレワークを導入する効果は高いといえます。

オンラインアシスタントサービス「タスカル」(株式会社Colors)

幅広い業務を、窓口となるディレクターに依頼するだけで依頼完了。
あとは報告を待つだけでOKです!優秀なアシスタントがリモートで業務を代行します。
各企業にふさわしいITツールの選定・導入支援・運用も行っています。

便利なもので溢れかえっている現代社会だからこそ便利ツールを駆使して、仕事の効率化を目指していきましょう。

まとめ

働き過ぎの原因となっている習慣化してしまった残業は、体力的にも精神的にも負担が大きいため、事業者側は労働時間をしっかり定めて、残業を必要最低限にする必要があります。

そのためにはオンライン上での勤怠システムや便利ツールを導入し環境を整え、これからの会社の在り方を見つめ直し改善していくことが求められます。

残業時間を減らすための環境整備をしましょう。

タスカルなら業務に関するさまざまなサポートを行え、クラウドソーシングなどでの対策、相談、お試しもできますので気軽にご連絡ください。

事業者と労働者の相互が、お互いに良い環境の中で仕事をしていくために、働き方改革と真剣に向き合い、猛烈な速さで変化していく時代に対して柔軟に対応できる働き方をしていきたいですね。

  • バーチャルアシスタントサービスタスカル
    忙しいあなたに代わり、優秀なアシスタントが
    リモートで業務を代行するバーチャルアシスタントサービス

    タスカル TASKAR

    様々な業務があるという方でもご安心ください。
    窓口となるディレクターに依頼するだけで依頼完了です。
    あとは報告を待つだけでOKです!

働き方改革に関するご相談はこちらから