「働き方改革関連法」とは?法案の概要と中小企業が取るべき対策

2019.12.11

働き方改革

最近よく耳にする「働き方改革」という言葉。
日本人は働きすぎとよく言われていますが、「少子高齢化に伴う深刻な人手不足」や「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」など様々な問題に直面しています。

これらの問題解決のため、多様な働き方の実現や長時間労働の是正などを目指し、2019年4月1日より働き方改革関連法を施行しました。

しかし、働き方改革とは一体何なのか、企業はどのような対策をとればいいのか疑問をもつ方もまだ多いはず。働き方改革法案の内容、抑えておくべき対策等をご紹介します。

働き方改革関連法とは?

2019年4月1日より施工された「働き方改革関連法」。
これにより、働き方改革が大企業だけではなく中小企業でも見直され、重要な経営課題の一つとなっています。

働き方改革関連法は、「長時間労働の是正」、「雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保」、「多様な働き方の実現」という3本の柱から成り立っています。

働き方改革関連法で働き方は変わる?

働き方改革関連法の施行により具体的に何が変わり、働き方にどのような影響があるのかを一部ご紹介します。

上限付き残業規制

労働者の働き過ぎを防ぐため、残業時間が原則月45時間かつ年360時間以内となります。
繁忙期など特別の事情がある場合でも、月100時間未満、年720時間以内にする上限が設定され、これを超えると罰則が与えられます。
なお中小企業に対しては2021年4月から適用されます。

有給休暇取得義務

年10日以上の有給休暇が発生している労働者に対し年間最低5日以上の有給休暇を取得させることが義務付けられ、違反すると罰則が与えられます。
今までは有給休暇を取得したくてもできなかった人がたくさんいると思うのでこれは嬉しいですね。

「勤務時間インターバル」制度の導入

前日の勤務終了後から翌日の出社までの間に、一定時間以上の休息時間(インターバル)を確保することが努力義務とされます。決まっている始業時間に関わらず、退勤した時間から一定の休息時間をあけて出勤ができるため、残業をして退勤が遅くなっても、睡眠時間や生活時間を十分に確保できるという仕組みです。

2020年4月より「同一労働同一賃金」もスタート

正社員と非正規雇用社員の間で、基本給や賞与などのあらゆる待遇において不合理な待遇差をなくすため、「同一労働・同一賃金の原則」が適用されます。
格差を減らし、働く人のモチベーションを上げ、より働きやすい環境を整えます。
なお中小企業に対しては2021年4月から適用されます。

中小企業が取るべき対策は?

働き方改革関連法に関して、対象企業は「大企業」と「中小企業」に分かれます。

深刻な人手不足によりただでさえ優秀な人材の確保が困難になっている中小企業が法改正を放置すれば、人材獲得が困難になるばかりか、人材流出の恐れも…。法令違反による社会的影響は企業経営にも甚大な損失を与えます。

そこで求められるのは、「基本的な労務管理の徹底」「労働生産性向上」です。
そのためには労働時間を削減しつつ利益を最大化しなければなりません。

面倒な事務・管理業務、手間のかかる経費処理業務、外に出しても問題ないような業務は、アウトソーシングして社内リソースを節約することができます。

抑えておくべき対応方法と対応サービス

ここからは労働生産性の向上に役立ってくれるツールとサービスを紹介していきます。
仕事を格段に進めやすくしてくれるツールを利用しない手はありせん。

長時間労働の改善に役立つ。勤怠管理を楽にするツール

・ジョブカンhttps://jobcan.ne.jp/functions

勤怠管理やシフト管理が一元化できるサービス。変形労働・フレックスなどの勤務形態や、所属・雇用形態ごとに細かい設定、運用ができます。
シフト作成や、タイムカードの手作業での入力など面倒な作業を解決してくれます。

タスク管理をわかりやすく便利にするツール

・Trellohttps://trello.com/

付箋を貼るような感覚でカードを追加していき、その中でメンバーの割り当てやコメントの記入、ファイル添付などができます。

社内のやりとり・コミュニケーションに役立つツール

・Chatwork (https://go.chatwork.com/ja/

案件ごとのグループを作成でき、テキストメッセージを送るだけでなく、絵文字の利用やファイル添付もできます。
また、返信機能もついているので、どのメッセージに対するメッセージなのかが分かりやすくなっているため、会話の流れが分かりやくなっています。タスク機能やビデオチャット機能も便利です。

・slack (https://slack.com/intl/ja-jp/)

プロジェクト毎に「チャンネル」を分けて会話を整理したり、過去の会話内容を検索することもできます。重要なメッセージはピン止めしておき、素早く見ることができる機能も使い勝手が良く、便利です。

スケジュール管理が楽になるツール

Googleカレンダーhttps://www.google.com/calendar/about/

社内のスケジュールを共有でき、誰と共有するか、閲覧・編集の権限など細かく設定できます。

社内外の会議が楽になるツール

・Zoomhttps://www.zoom.us/

会議に招待された人は、招待用URLをクリックするだけで参加できるので、会員登録などをする必要がありません。

業務を助けてくれるクラウドワーカー

業務を助けてくれる人もツールの1つです。人員に余裕がない中小企業こそ、テレワークを導入する効果は高いといえます。

・バーチャルアシスタントサービス「タスカル」(株式会社Colors)https://color-s.net/taskar

幅広い業務を、窓口となるディレクターに依頼するだけで依頼完了。
あとは報告を待つだけでOKです!優秀なアシスタントがリモートで業務を代行します。
各企業にふさわしいITツールの選定・導入支援・運用も行っています。

まとめ

何から始めていいのかわからない、従業員満足度を向上させたいとお困りの中小企業のご担当者様、まずは労働生産性の向上に役立ってくれるツールやクラウドワーカーの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

人手不足が深刻な問題となっている現代、「働き方改革」によって生産性を高め、魅力ある職場づくりを進めていきたいですね。

働き方改革に関するご相談はこちらから